MENU

副作用というより、無駄

プロテオグリカンはコラーゲンや
ヒアルロン酸同様、もともと体内に多く存在する成分です。

 

ですからプロテオグリカンを飲んだり、
使用したことによる副作用は
現在まで1回も報告されていません

 

細胞膜に存在し、細胞が異常な動きをしていないか
監視している成分であり、人体に害を及ぼすものではありません。

 

本来は多くある成分を
「年齢とともに減少した分だけ補給する」
ようなことをしても副作用が起こることは考えにくいですからね。

 

 

ですが何事にも限度というものがあります。

 

いくら今まで副作用が確認されていなくても、
サプリメントなどの凝縮された栄養成分を
過剰に摂取すれば肥満や体調不良にはなることぐらいはあるでしょう。

 

ホルモンバランスと同じで、体内の栄養素は
絶妙なバランスで成り立っているのですから
一つだけが大きく増えるのは好ましくありませんし。

 

またサプリや化粧品には
プロテオグリカン以外の別の成分も入っています。

 

プロテオグリカン自体に問題がなくとも
他の成分の過剰摂取によって
弊害が出る恐れも考えられます。

 

どうせ多量にとっても吸収されず
体外に排出されかねないので
決められた容量以上の過剰摂取はメリットないですね。

 

 

ただ、例外もあります。

 

現在のプロテオグリカンは抽出量の問題もあり
19世紀末に発見された牛のものから
鮭の鼻軟骨の物が主流に変わっています。

 

鮭アレルギーの人、その可能性がある人は
摂取する前に使用するサプリの成分を
しっかり確認して、医師に相談しましょう。

 

またサプリメントも一種の薬だと考え、
現在飲んでいる薬がある場合も
飲み合わせは注意したほうが良いようです。