MENU

シンプルな縁の下の力持ち!

高い保水力と肌修復のEGF様作用をもつプロテオグリカンですが
巷では原液のものがいいと言われています。

 

まず原液の定義ですが、
「原料として1種類だけ使った液」
ということになります。

 

例えばプレテオグリカンは鮭の鼻などから抽出される粉末ですが
これだけを水に溶かしたものが「原液」となります。
ですので、プロテオグリカンの効果をそのまま発揮しやすくなっています。

 

特長としては、水溶性が高く他の化粧品と組み合わせやすいので
現在持っているアイテムを変える必要がないという点です。

 

一番おススメされている使い方としては、
洗顔後一発目の導入液として用いるやり方。

 

肌の調子を整えて、しっかりと潤わせてくれるので
その後のお化粧の乗りが全然違ってきます。

 

数あるプロテオグリカンの製品選びで迷っているなら
まず原液で効果を試してみるのがいいでしょう。

 

 

その原液選びですが、まず防腐剤や香料など
余計な添加物が入っていないか確認しましょう。

 

続いて産地や製造過程も見ておきましょう。
原料がそのままな商品なだけに、由来がどこなのか
どういう風に作られるのか、安心できるものを選びましょう。

 

また重要なのが、濃度。
「プロテオグリカン100%原液」と表記されていても
水で薄まっている商品も中にはあります。

 

ただし、「濃度が高い商品≠いい商品」
あくまで人それぞれ合う濃度がありますので、
お試し品で色々使ってみることをおススメします。